当院では AED(自動体外式除細動器)を設置しています


aed2.jpg
AEDは大切な命を心臓突然死から救います
 
AEDは電気ショック治療(除細動)が必要かを自動的に判断し心室細動、
心室頻拍を電気ショックによって治療する医療機器です。

2004年7月1日から一般の人でも使えるようになったAEDがあれば、誰にでも速やかな救命処置が可能です。
当院では訪問診療があるので、AEDの保管場所は院長の自家用車内です。
居宅における訪問診療での救急の場合、スタッフが車のキーを持って取りに走ることになります。
診療室であってもほぼ同じ条件となります。但し、院長不在の場合は使用できません。
 
院長は大学在学中に歯科麻酔学 高北教授の教えから、自家用車内に携帯用酸素吸入器を常備しています。
まだ一度も使う状況に遭遇してませんが、買い替えはしてあります。


★AEDに関して詳しくはこちらをご覧下さい★