aqua.gifようこそ!遠藤歯科医院へ
平成18年9月にリニューアルしました。
玄関前の駐車場を舗装しスロープを設け、バリアフリーにしました。

広いレントゲン診療室の診療台は、バッテリーを積んだフルリクライニング車椅子の歯科用です。

駐車場に持ち出して、来院された車から乗り移って頂けば、そのまま診療室へ滑り込めます。
DSCN1194.jpg
受付時間






日・祝
午前8:30〜12:00







午後3:00〜5:30
(土は2:30〜4:30)







◎来院や訪問診療などに関するご相談は、お気軽にお電話にてお問い合わせください。

ご予約・お問い合わせ【TEL】026-248-1390

aqua.gif当院の設備について
平成20年9月、待合室と診療室のエアコンを入れ替えました。それに伴って床の張替えもしました。今度は木目調で、明るく落ち着きます。shousai.jpg

【スリッパ殺菌ディスペンサー】
ご来院のたびに、いつも清潔に殺菌されたスリッパを
お使いいただくことで、院内感染の原因を足元から
取り除き、清潔な治療環境を保っています。
スリッパの表面だけでなく裏側や内側も殺菌し、
人が履いた後の不快感も解消します。
赤いボタンを押してください。
自動的に殺菌済みスリッパが下方から出てきます。

DSCN1211.jpg
【待合室】
待合室にはパソコンを設置しました。
ご自由に使って頂けます。
プロバイダーは須高ケーブルテレビなので、
須坂市動物園の動物をライブカメラで中継できます。
時折、ハッチがサンドバッグをキックしています。

待合室のロビーチェアは足腰の弱い方が
立ち上がりやすいように、座面を高めにしてあります。
DSCN1208.jpg
【レントゲン診療室】
撮影をしながら治療できます。もちろん個室となります。
デジタルレントゲンなので、被爆量はフイルムの1/5〜1/10
と少なく、無害の範囲といってもいい程度と考えます。
更に防護エプロンも掛けます。
但し、概ね50歳以上は防護の必要性がなくなってきますので
掛けません。
スーツケース型ポータブルユニットは訪問診療に持ち出して、
大活躍してます。


DSCN1054_2.jpg
【診療室】shousai.jpg
診療台は、安全を考慮して目が行き届くように配慮したコーナー配置です。

口腔外バキュームは、発売当初(20数年前)いち早く導入したものです。当時はまだ珍しくて一般的ではありませんでした。医療現場を汚染物質から守ります。つかまっているクリップ人形(中に洗濯ばさみが入っている)が大勢になったきっかけは……続きを見る

患者さんの口の中を明るく照らす治療用の照明器具にもこだわっています。……続きを見る

DSCN1207.jpg
【トイレ】
回転スライド式バリアフリードア『インプルード』を採用し、
車椅子利用者の安全に配慮しました。
手洗いは、車いすでも見える傾斜した鏡と、
自動水洗、洗剤、温風となっています。
DSCN1049_1.jpg

【 AED(自動体外式除細動器)】

AEDは大切な命を心臓突然死から救います。
AEDは電気ショック治療(除細動)が必要かを自動的に判断し心室細動、心室頻拍を電気ショックによって治療する医療機器です。
2004年7月1日から一般の人でも使えるようになったAEDがあれば、誰にでも速やかな救命処置が可能です。
当院では訪問診療があるので、AEDの保管場所は院長の自家用車内です。
shousai.jpg
aed.jpg
aqua.gif当院の治療機器について
DSCN1055_2.jpg


■ジアテルミー(高周波治療)
「高周波ラジオ波」といって、電気メスと
レーザーの中間的機器です。
代表的な2社からの2機種を導入し、
様々な治療に広く応用、活用しています。
訪問にも持ち出す事があります。

■顎関節症、咬合治療について
今までに複数の研究会に参加してきました。
東洋医学の研究会にも参加しました。
未だ確立された分野ではないと思いますが、
良いところをミックスして応用しています。


■歯石除去について
圧搾空気で振動するエアースケーラーを用いてるので、歯に優しく、痛みがより少なく効率的です。


■睡眠時無呼吸症候群について
スリープスプリント、及び
スポーツマウスガード、当院で制作できます。

haburashi02.jpg